葬儀の喪主の役割

喪主といえば、色々なことをしなければいけないというイメージがあります。喪主になった時のことも考えて、葬儀での喪主の役割についても理解しておきましょう。まずなんといっても代表的な役割は、葬儀の細かいことを決定していくことです。葬儀会社を選んだり、葬儀会社との話し合いの中で細かいことを喪主が決めていくというのが一つ目の役割です。

また、通夜やお葬式の日は、故人と縁のある多くの人々が会場にきます。そんな弔問に訪れた人の対応をするのも喪主の務めです。お悔やみの言葉を、参列者の方に言われた際には、喪主らしい態度と言葉遣いでしっかりと対応したいものです。さらに、お葬式にはお経を上げるために僧侶に来ていただくこともあります。その際にお礼や挨拶をしたりするのも喪主がすべき役割です。

そしてなんといっても忘れてはならないのが、喪主のあいさつです。一般的には葬儀の中で喪主があいさつを述べる機会が設けられており、その時は多くの人に注目されるタイミングでもあります。喪主のあいさつというのは、故人の遺族代表として挨拶をするということになるわけですから、故人を見送る遺族代表として相応しい態度と言葉で、参列した方々に感謝の気持ちを伝えることが大切です。