葬儀の喪主の弔問へのマナー

喪主の役割の1つに弔問に来た人の対応が挙げられますが、故人を偲んで来てくれる人たちの対応をしていかなければいけないわけですから、相応しい態度と言葉で対応することが大切です。では、喪主としてどのように対応していくべきなのか、葬儀の喪主の弔問の際のマナーも知っておくと慌てずにすみます。

葬儀は、開かれる日時を訪れる側が知っていれば参列を断ることは失礼にあたってしまうこともあります。最近では家族のみですませる家族葬と呼ばれる形式もありますが、その際には、事前に連絡などを入れて、家族のみで葬儀をとり行うという主旨を伝えておいた方が、弔問に訪れた人とのトラブルなどを防ぐことにもつながります。家族のみで葬儀を行うということを告げること自体は失礼にあたることではないので、事前に伝えておくようにしましょう。

また、葬儀のみに限らず葬儀が終わったあとも自宅に弔問に訪れるという人も中にはいらっしゃるでしょう。そのことも考えて、喪主の方は自宅に弔問に訪れた人に出す茶菓子などを用意しておくと安心です。自宅に弔問に訪れた方が香典や茶菓子などを持参してこられることもありますので、お返しの返礼品なども用意しておくことをおすすめします。