葬儀の喪主の服装

葬儀といえば、服装にも気を付けなければいけません。普段の平服で葬儀に参加するのは非常に失礼なことです。では、喪主という立場になった場合どのような服装をすることが求められているのかしっかりとチェックしておくようにしましょう。

喪服というのは、正式喪服と略式喪服というものがあります。基本的に、正式喪服というのは喪主の人が着るべき服装で、洋装ならば黒のモーニングと黒ネクタイの着用というのが正式なものです。昔ながらの和風なものであれば。黒の紋付羽織袴が正式喪服です。続いて、女性が喪主になった場合洋装ですと黒無地のワンピースが代表的です。それがない場合はフォーマルスーツなどを着用する場合もあります。そして、和装を選ぶ場合は、黒無地の着物などが正しい喪服です。

そして、髪型は清潔感のある状態にしておきましょう。髪色を派手なものにしているという状態の場合、喪主になったら黒く染めなおすのがベストでしょう。男性は、清潔感のある長さの髪型を意識し、女性で髪が長い場合はヘアピンで留めたり結んで髪をまとめるようにします。女性のアクセサリーは、葬儀の際は一連のパールネックレスの着用のみが許されているので、結婚指輪以外のアクセサリーは外すのが常識です。