葬儀の喪主は誰がなるの?

葬儀をしなければいけなくなったときには、まず葬式などを取りまとめる喪主の存在が必要不可欠です。そのため、早急に喪主を誰が務めるのか決めていかなければなりません。しかしそこで気になってくるのが、喪主を決めるときにどのようにして決めるのかという点です。喪主になるには、いくつかの条件があります。それらが当てはまる場合は、近い親族が亡くなった時に自分が喪主になる可能性があるということを理解しておきましょう。

まず、喪主になる立場の順位としては第一が配偶者、次が故人の子供、そして故人の両親などの順になっています。最も関係性の深い配偶者が喪主になるのが一般的ですが、配偶者がいない場合は子供で、子供もいない場合は故人の両親というようにして、喪主を決めていくようなパターンが多い傾向にあります。

しかし、最近では高齢化も進んでいることから、配偶者はもちろん血縁者がいないという人も中には存在します。そのような状況の場合は友人や知人などが喪主を務めますが、そういう人もいないという場合には、葬儀会社が喪主を代行するということもあります。喪主というのは、血縁者の中で故人と一番関係性が深い人がなることが多いことを理解しておきましょう。