葬儀の喪主挨拶のポイント

喪主になった時に、悩んでしまうことの1つに喪主の挨拶があります。葬儀にはさまざまな人が参加するので緊張するのはもちろんですが、どのような内容を話したらよいのか困ってしまうこともあるでしょう。特に、喪主の経験がなく初めてであればなおさら話す内容を考えるのに苦労します。では、葬儀の喪主挨拶を考える上で、どのようなポイントをおさえればよいのかチェックしてみましょう。

まず、あまり挨拶が短すぎても長すぎでもよくありません。できれば3分以内に挨拶をまとめるのが理想です。内容としては、まず自分と故人との関係性から、参列してくれた人への感謝、故人に対する生前のお礼や故人の人柄がわかるエピソードなどを盛り込むようにします。このような流れで内容を構成していくと、参列してくださった方にも気持ちが伝わるので、挨拶に悩んだ際には参考にしてみましょう。

また、挨拶を考える時には葬儀の喪主挨拶に使用するには不適切な言葉もあるので気を付けましょう。不吉なことを連想してしまう言葉や、同じ言葉を繰り返す重ね言葉に加えて直接的な生死の表現などは、喪主のあいさつとして適切なものではありません。挨拶を考える時には、これらの言葉を含まないように意識しながら挨拶を考えます。